ブレーキキャリパーの掃除&フルード交換:前編

前後輪のブレーキキャリパーの掃除と、今までブレーキフルードを交換していないので交換をしてみました
まずは前輪側

01brake20101226.jpg

下側の黒いボルトを外すとブレーキパッドが見えるようになります
ブレーキパッドの交換はこの状態でできるようです

02brake20101226.jpg

さらに上側のボルトも外します。だら〜ん!

03brake20101226.jpg

左右共同じようにして4枚のブレーキパッドを外します
パッドはまだまだ大丈夫そうです

04pad20101226.jpg

さすがにけっこう汚れています

05pis20101226.jpg

中性洗剤でゴシゴシ、なかなか綺麗にならないのである程度したらOKとしました

06pis20101226.jpg

ピストンにブレーキフルードを薄く塗布して逆の手順で組み上げていきます
次にブレーキフルードの交換をしてみます
ブレーキフルードは腐蝕性があるらしいので、しっかりカバーしときます

07flu20101226.jpg

手順をしっかりマスターして空気が入らないようにします
リザーバータンクの古いフルードをできるだけ吸い出し、新しいフルードで満たします

08flu20101226.jpg

ブリードスクリューに8mmのメガネレンチと径6mmの耐油チューブを取り付け、ブレーキレバーを握った状態でスクリューを緩め、フルードが排出されたら締め、ブレーキレバーを離します。これを何回もくり返していきます

09flu20101226.jpg

YAMAHAのブレーキフルードは古くても新しくても同じような色をしているので、交換されたかどうかが非常に判りにくいです
反対側も同じようにして完了です

後輪のディスクブレーキはマフラーのステーが邪魔して非常に外しにくい構造になっていました。向かって左側のボルトはシートに跨り体重をかけてリアサスが少し上がる状態にしないとトルクレンチがかかりませんでした

10rear20101226.jpg

ブレーキディスクとパッドが密着してて手こずりましたがなんとか外しました

11rear20101226.jpg

フロントに比べ複雑な構造になっていました

12rear20101226.jpg

2本のピンを外しバラバラにします
パッドはまだまだ大丈夫そうです

13pad20101226.jpg

中性洗剤でできるだけ綺麗にします
ブレーキディスクとパッドに隙間がないと車体に取り付けにくいので、キャリパーピストンツールでピストンを広げておき、逆の手順で組み上げました

14pis20101226.jpg

日没を迎えたので後輪のブレーキフルード交換は後日の予定です
左右のブリードスクリューからのオイル滲みがあるので続くようなら対策をしないとダメなようです
十分に確認、整備してから試運転予定です

スポンサーサイト

Comment

スゴイなぁ、偉いなぁ。
メンテナンス、ご苦労様です。
ただバイクに乗っている期間が長いだけで、ほとんどプロに任せているうえひろ・・・
恥ずかしいです [E:weep]
見習わなければ [E:wrench]
うえひろさん
ネットの情報とサービスマニュアルを熟読してがんばってます
ブレーキなので怖いし面倒なのですが.....
注意してメンテナンスしていきま〜す[E:paper]
  • 2010/12/27 10:53
  • ぐっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)