ナビ案内音声の対策

Panasonic CN-GP530Dを新しいナビとして使ってます

ナビ案内音声は、
常時音声入力を増設した⇒こちらの記事)無線機FTM-10Sに入力し、Bluetoothで聞いていますが、音声が小さくなったり無音になったりすることがあります
musen00-20130921.jpg

14時以降の暑い時間帯に起こるので、最初は密封されたナビの温度上昇によるものかと思い、対策を行いましたが効果ありませんでした(⇒こちらの記事
ノイズ対策用の音声フィルタの影響も考えましたが、そうでもないようで、最終的に行き着いたのは、Bluetoothヘッドセット、あるいは改造している
常時音声入力の問題ではないかと.....
特に怪しいのは上の写真にある、水色の積層セラミックコンデンサ、温度変化に弱く、静電容量が変化するようです

ということで、思い切って無線機内の後付部品を一新することにしました
今までは1/4W抵抗と積層セラミックコンデンサをハンダ付けしていましたが、1/2W抵抗と温度、音響特性に優れたフィルムコンデンサに変更してみました
musen01-20130921.jpg

細い細い、ハンダ付けを行い、ホットボンドでしっかり固定します
musen02-20130921.jpg

テスト走行ではナビ案内音声が消える事はなく、問題はなさそうです
しばらく、テストを繰り返してみます
これで解決したらいいのですが.....


スポンサーサイト

Comment

細かい作業ですね。

何でも大雑把なうえひろには絶対に無理です。
すごい、尊敬します。

これで解決しますように・・・(祈)
おっと、
またまた、難しい事を…。
開発者さんは、こんな改良をやってるとは、知る由もないでしょうね~、
上手くいくことを祈っています。
うえひろさん

夜に外での作業だったんで、ちょっと辛かったです
最近、老眼が.....
たばちゃんさん

ナビ案内音声を常時聞けると便利なので改良してます
方法は結構有名なようです

今のところはいい感じなんですが、暑くなって検証してみないと、まだわからないですね〜
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)